23年間障害者雇用に取り組む株式会社アクスの「元気なおかん工場長」として活躍中。
 一介の主婦がその毎日の仕事をする中で経験した事を通して、身についた感性・感覚を行政・企業・学校・地域、あらゆる方面で講演や指導を通して伝えている。思いもしなかった人生を歩んでいる幸せを、今かみしめている私。知的障害者との日々に感謝!!

 1986年、夫と共に、非鉄金属のリサイクル業、缶・びん・ペットボトル等の再資源化処理事業を主要業務とする株式会社アクスを設立。取締役工場長に就任する。

 1992年日本障害者雇用促進協会へ『障害者とともに働く』体験手記・提言を行い、協会会長受賞。

 2005年『多年にわたり障害雇用に大きく貢献されました』と独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構理事長賞を個人受賞。


 講演内容:知的障害者との関わりを通して得たもの/人間の本質=人として必要不可欠なものとは?/ノーマライゼーションの世界/ハート面じゃなくハート/人への思いやり/おいしい人間関係とは?/誰もが生きやすく暮らしやすい世の中とは?/AKS(アクスの社名の由来)/マイナス・プラス=プラスの人間関係の作り方…等々

 株式会社アクスは、京都府宇治田原にある民間企業で、多数の障害者雇用に積極的に取り組んでいる。ハンディキャップを持つ人達も、全員が労働を通じて社会参加し、自立を実現している。創業当時から、リサイクル、エコロジー、ノーマライゼーションを共有し、社会貢献しようと会社の名称を愛(A)・協調(K)・進歩(S)の三文字の頭文字から「アクス」と名付け、この3つを会社の基本理念とし、スタートする。確立された指導方法などは無い中を、手探りで、試行錯誤を繰り返しながら、「作業現場では、個々の能力を最大限に引き出すこと」を第一に考えることで、障害者とともに働く仕組みをつくり、社員の育成ノウハウが確立された。現在では、ハンディキャップを持つ社員が約80%を占める、全国でも珍しい障害者雇用実践企業となる。

現在は、自分自身の体験と株式会社アクスの基本理念を広く伝えることにより、社会に貢献するべく、講演活動を続けている。

実際に自身が体験したからこそ語ることができる障害者雇用の現実、現場の指導者として悩みながら乗り越えてきた健常者と障害者の壁、体当たりで向き合い続けることによって社員から教えられたことなど、具体的なエピソードを豊富に盛り込み、「心」に訴えかける講演は、聴講者の感動と共感を呼ぶ。

 
◎見えない糸につながって・・・

 アクスさんとの出会い。これは、突如巡ってきました。知的障害をもつ子の親として、一人でも多くの親御さんに発達への可能性、方策をお伝えする活動を伝えたい思いから、多くの方に積極的に会ってみました。そんな中で、滋賀県と京都の県境にある同社の存在を知りました。
 
初めてお会いした時から、社長さん、工場長さん、総務部長さんから、希望的なお話をお聞きし、まさに驚きの連続でした。
 
わたしも、知的障害をもつ子の保護者の方々のために、アクスさんから頂いたパワーを活かし、少しでも、同じような境遇の親御さんにお役に立てるような活動をしていきたいと強く思いました。
 
今回の山田工場長さんのお話は、障害者に関わるすべての方々に聞いて頂きたい気持ちを抑えることができません。


「ひらめき集中塾」へのご参加はこちらからお申込みください。

HOME特商法表記お申込方法お問合せ| 民間の障害児メソッド親子相談会ひらめき集中塾とは
塾で使用する教材どんなサプリメントがいいのか高速リスニングソフトとはフラッシュカードソフトとは
  音響免疫療法の試聴  音響免疫療法とは 傳田式聴覚トレーニング体験  AWGとは? | AWG無料照射が受けられます


copyright (C) 2009OPENTHOUGHT
.Icn.All Rights Reserved. 

なぜおおつ過去の講演会の様子親子相談会ひらめき集中塾とは塾で使用する教材どんなサプリメントがいいのか音響免疫療法の試聴 音響免疫療法とは  傳田式聴覚トレーニング体験  AWGとは? | AWG無料照射が受けられます
高速リスニングソフトとはフラッシュカードソフトとは  

講演テーマ : 企業としての現場力 知的障害者と共に働く
           
       「やったらやれるんや!やらさへんだけや!!」

講師のご紹介: 山田 美智子 工場長 ( 株式会社アクス )

inserted by FC2 system